遺品整理士とは

皆さんは遺品整理士という人たちをご存知ですか?

遺品整理士とは

皆さんは遺品整理士という人たちをご存知ですか?

たぶん身内の人がお亡くなりにならない限り、あまり使う機会もないため、詳しくは知らないでしょう。

ですが、高齢化に伴い、お年寄りが増えてきた今日この頃。

この遺品整理士について知っていても、損ではないでしょう。

ということで、本日はこの遺品整理士についてご紹介させていただきます。

まず、遺品整理についてですが、名前からしてお亡くなりになられた方の私物を整理するという風にお考えでしょう。

それでは、「整理」とはどのようなことをするのでしょうか。

まず、遺品整理士はお客様の思い入れの強いものとそうでないものをしっかりと把握してから、処分するものとしないものに分けます。

この時点で大半のものが処分できます。

その次に、残った思い入れのあるものを遺族にお持ちし、その中から、また処分するものとしないものに分けてもらいます。

これが、「遺品整理」の部分に当てはまります。

この整理の際に、所持品すべてを片付けるため、冷蔵庫やガスコンロなどもすべて処分することになります。

遺品整理が終わるころには、その家には何も残らないようにし、終了となります。

もちろん、遺品整理士の仕事はこれだけではありません。

遺品を整理したあとに、家の掃除を行い、換気をし、家がすぐに他の人に使用してもらえるようにします。

家の中をまったく何もない状態にするまでが、この遺品整理士の仕事といえるでしょう。

このように、故人のプライベートに関わるため、遺品整理業者は信頼できる業者を選ぶ必要があります。

おすすめ業者:遺品整理ネクスト(1K33,000円~)遺品整理士協会優良事業所

これで、どんなときに彼らが必要かわかりますね。